​ごあいさつ

マツイ薬局は『みんなのくすり箱』をモットーに、平成17年の創業以来、坂出市を

中心に香川県内で5店舗の調剤薬局を展開しています。

昨今、調剤薬局不要論が囁かれ、国は60,000軒ある調剤薬局を30,000軒に減らすと

提言しています。

『うちはきっと上位30,000軒には入っているだろう、だから大丈夫!』

なんて甘い考えは、あっという間に通用しなくなると危機感を抱いています。

 

では、​どうすれば生き残る薬局になれるのか?

 

それは薬剤師かどうかに関わらず、一人ひとりのスタッフが  

“いま、薬局は何を期待されているのか?”

“必要とされるためにやるべきことは何なのか?”

を考えて働くことだと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

   患者さんが、薬局のスタッフに会いに来てくれる。

   スタッフは薬だけを見るのではなく、先ずは患者さんを見る、人を見る、

   人間同士としての付き合いができる。

   そして、感動を与えることができる!

   それが出来れば、

   そういう考え方が出来れば、おのずと必要とされる薬局になれる!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

この理念は、私が薬剤師として働き始めた25年前から現在も全く変わっていません。

 

​働くうえで、高い報酬を得ることももちろん大事なことですが、

何より ”人から必要とされること” が大事だと思っています。

診療報酬改定の度に「この点数はどうすれば取れるのか?」ということばかりを考え

のではなく、患者さんや地域の方々としっかりコミュニケーションを取れるスキル

身につけなければならない。​

それこそが "人から必要とされる" ことに繋がると思っています。

人から必要とされる喜びをスタッフや現役薬剤師だけでなく、未来の薬剤師達へも

伝えていくことが、これからの私の使命と胸に刻み、勇往邁進していきます。

 マツイ薬局は、開局以来

  『薬を通じて“人“の命を救い、薬を通じて必要とされる”ひと”を育てたい』と

                              思い続けています。

プロフ1 逆.jpg

(有)松井薬局代表・薬剤師​​

松井 敬文
Takafumi Matsui​​

1966年生まれ 坂出市出身

京都薬科大学卒業後、持田製薬(株)にMRとして入社。

退職後、埼玉県で薬剤師としての

経験を積み地元である香川へ帰県。

​坂出市に「マツイ薬局」を開局し

県内5店舗を展開、現在に至る。

社長4.jpg